臨床と研究の狭間空間

整形外科医で某国立大学の大学院で研究をしています。大学院生という立場からのブログです。

今後の医師の働き方予想

みなさんこんにちわ。鋼の整形外科医です。 Twitterの医療クラスター、通称医クラでは時々、今後の医師の働き方についてのツイートを見かけます。 今回は自分なりの今後の医師の働き方についての予想を書いてみます。 まぁあくまで予想を書くだけなので、合…

整形外科医!外形 整! 第8話「ACL損傷 救急編」

整形外科医!外形 整! 第7話「整形救急24時」皆さんこんにちは鋼の整形外科医です。 オリジナルマンガ整形外科医!外形 整!の第8話ACL損傷救急編をアップしました。 ACL損傷についてはブログで記事を書いてますので、そちらも参照してもらえると理解が深ま…

YouTube動画 第2弾です

ホームに戻る みなさんこんばんわ。鋼の整形外科医です。 膝肩疾患について解説するYouTube動画の第2弾をアップしました。 肩痛に悩む方は是非目を通してもらえると嬉しいです。 良ければチャンネル登録もよろしくお願いいたします! 整形外科医による鋼の膝…

前十字靭帯損傷

ホームへ戻る 今回は自分で描いているオリジナルマンガ整形外科医!外形 整!の第8話で触れた前十字靭帯損傷(以下ACL損傷)について解説したいと思います。 赤印がACLです※[ネッター解剖学図譜]より抜粋 ACLの役割は? ACLは膝関節の顆間部に存在していま…

整形外科医!外形 整! 第7話「整形救急24時」

twitterで最も人気だった第7話です! 後期レジだった時、こんな生活だったなぁ…(遠い目) 前の話はこちら 前の話はこちら ホームへ戻る

YouTube動画公開しました

みなさんこんばんわ。鋼の整形外科医です。 先日の予告通り、膝肩疾患についての解説動画をYouTubeにアップしました! まぁ素人感溢れる拙い動画ではありますが、短い時間でコンパクトに分かりやすく!を目標に撮影しました。 一応、目標自体は達成している…

動画準備中

みなさんこんにちわ。鋼の整形外科医です。 先日、某所で当直をしていた際にいろいろあってYouTubeのチャンネル開設をしました笑 要は朝食を片付けられてしまい、代わりに近くのスーパーでオートミールを買ってきた為、せっかくなので動画にしてやろうと思っ…

専門性の高さ

みなさんこんにちは。鋼の整形外科医です。 3か月間研修してきたとある病院と、今まで勤務してきた病院との違いについて記載したいと思います。 通常の病院 今まで勤務していた病院は総合病院であり、整形外科だけでなく内科や外科など多数の他科が存在し、…

ブログを休んでいた3か月間

みなさんこんばんわ。鋼の整形外科医です。 まともにブログを書くのは3か月ぶりです。その間、北海道で手術研修などしていました。 ちょっとずつブログを再開していきます。 初めて住んだ北海道 学会出張等で数日間の滞在をしたことはありますが、本格的に…

オリジナルマンガ整形外科医!外形 整! 第6話「コンプライアンス」

皆さんお久しぶりです。新年明けましておめでとうございます。 アカウント名を変更し、鋼の整形外科医として生まれ変わりました! 3ヶ月間の研修に行って間はブログをお休みしていましたが、少し頻度をゆっくりにしてまた再開したいと思っています。 新年最…

LIVEしました

皆さんこんにちは。Dr.Q太郎です。 実はLIVEの直前だったので練習に時間を割いておりブログをサボっていました(言い訳) 結構珍しいんですが、以前に勤務していた病院で年に1〜2回ほどLIVEが開催され、今でも出演で呼んでもらえるので定期的に出させてもら…

2つの人工肩関節

みなさんこんばんは。Dr.Q太郎です。 本日は2種類の人工肩関節置換術について少し書いてみたいと思います。 以前は人工肩関節と言えば、この解剖学的人工肩関節置換術(以下TSA)の事を指していました。 Zimmer BIOMET Total Shoulder System 勿論、現在もそ…

手術研修

みなさんこんにちはDr.Q太郎です。 ちょろちょろと書いていますが、来週の月曜日の飛行機で北海道に移動し、3ヶ月間のオペ研修に行かせてもらいます。 我々外科医は通常、外来や救急の当番などをしていて、自分で初診の診察をした患者さんの主治医となり外来…

半月板損傷

みなさんこんにちわ。Dr.Q太郎です。 だいぶ気温も涼しくなってきましたね。前回の記事でも書きましたが、来月から私は3か月間ほど国内の別施設にオペ研修をしに行く予定なんですね。 ひと際寒い場所の研修なので寒がりの自分には恐怖でしかありません… と…

オリジナルマンガ 整形外科医 外形整! 第5話「外傷外科医の魂 オルト・オブ・ハート」

第5話のリマスターです。 前の話はこちら 次の話はこちら ≪ホームに戻る≫ 次の話はこちら ≪ホームに戻る≫

腱板損傷

みなさんこんにちは。Dr.Q太郎です。 今回は肩の痛みの原因で、手術加療が必要になる疾患の代表例である腱板損傷について書いてみます。 腱板という構造物は肩関節機能の非常に重要な役割を持っていて、腱板機能を如何に修復・温存できるかが肩関節外科のキ…

仕事で辛いことってありますよね

皆さんこんばんは。Dr.Q太郎です。 仕事や勉強などをしていて「これが辛いなー」ということは幾らかあると思います。 医師という仕事で1番辛いのは睡眠時間の少なさ、休日の少なさでしょうか。 非医療者の方が知らないのは当然ですが、時々看護師さんとかも…

オリジナルマンガ 整形外科 外形整! 第4話「天使の輪 イリザロフ」

第3話はこちら 第4話のリマスターです。 今まで4コマ形式にしていましたが、ここから普通のマンガ形式に移っていきます! 第5話はこちら ≪ホームに戻る≫

キャラクター

みなさんこんにちは。Dr.Q太郎です。 今回も前日にアップしたマンガに関連したブログ記事を書きます! つまり整形外科ドクターの特徴! 整形外科には、マンガに登場する速水先生のようなキャラが多いのは皆さん納得かと思います。 整形外科を専攻するドクタ…

オリジナルマンガ 整形外科 外形 整! 第3話「指導医!速水パイセン」

3話のリマスターです 前の話はこちら 次の話はこちら ≪ホームに戻る≫

肩関節脱臼

みなさんこんにちは。Dr.Q太郎です。 今回は昨日アップしたマンガ第2話で出てきた肩関節脱臼について記事を書いてみたいと思います。 初回脱臼 装具療法 反復性肩関節脱臼 初回脱臼 肩の脱臼は殆どの場合が外傷を契機に発症します。 若い人の場合はコンタク…

オリジナルマンガ 整形外科 外形 整! 第2話「肩関節脱臼」

第2話リメイクです 装具は勝手に外しちゃダメ!絶対! 第1話はこちら 第3話はこちら 第1話はこちら 第3話はこちら ≪ホームに戻る≫

膝が腫れる疾患 <内因性編>

みなさんこんにちは。Dr.Q太郎です。 前回、膝が腫れる疾患の<外傷編>を書いたので、今回はそれ以外について書きたいと思います。 まず迷ったのがタイトルです。 代謝性?非外傷性?とか考えましたがなんかしっくり来ないな、と思い曖昧な感じで「内因性」…

オリジナルマンガ 整形外科医 外形 整! 第1話「ワイが整形外科医 外形 整!」

自分が描いたマンガです。 Twitter上でupしていましたが、TLで流れていくのでいつでも読めるようにこちらに残しておきます! 現在、第5話まで描いてあるので、順次アップしていきます! 第2話はこちら ≪ホームに戻る≫

膝が腫れる疾患 <外傷編>

みなさんこんばんわ。Dr.Q太郎です。 膝が腫れて受診される患者さんは整形外科の外来をしているとかなり多くいます。 今回は外傷などを契機に発症する疾患をいくつか挙げてみたいと思います。後日にそれ以外の疾患についても書いてみる予定です。 膝が腫れた…

進路の決定

みなさんこんにちわ。鋼の整形外科医です。 本日は若手ドクター向けに、自分がどうして大学院進学を選んだかの記事を書いてみたいと思います。 当医局は比較的入局人数が多い為、毎年15人ほどはコンスタントに入局しています。 私が入局した際はとある事情に…

マレット指

皆さんこんにちは。鋼の整形外科医です。 私の専門領域は膝・肩疾患なんですが、スポーツ外傷も一応専門になるんですよね。 実は今年度こっそりと日本整形外科学会認定スポーツ医と日本スポーツ協会公認スポーツドクターの資格を取得しました。(それぞれの…

研究スタイル

皆さんこんにちは。鋼の整形外科医です。 本日のタイトル「研究スタイル」とは研究のメソッド …ではなく、研究室での服装についてです。 世間的に研究と言うと このような格好がイメージされると思います。 半分正解で、半分不正解です。 白衣はそもそも、感…

肩関節周囲炎

皆さん、こんにちは。鋼の整形外科医です。 肩の病気で「四十肩」や「五十肩」などを聞いたことがありませんか? 40歳や50歳で生じる事が多いのでこのような呼び名が付いてますが、正式名称は「肩関節周囲炎」になります。 読んで字の如く肩の周りの組織に炎…

現在の研究の話

皆さんこんにちわ。鋼の整形外科医です。 ブログタイトルが「臨床と研究の狭間空間」でありながら、ほとんど研究の話をしていません。 後期研修医くらいの頃は大学院に行く生活がどういったものか全く想像がつかず、大学への進路を躊躇していた昔の自分がい…